【二世帯住宅】お風呂や洗面所は共有でいいの?失敗しない間取り作成の方法

二世帯住宅を検討する時に、それぞれのお部屋は別々にしたとしても、お風呂や洗面所といったスペースを一緒にするか別々にするかで悩むことも多いですよね?

結局同じ作業をするのであれば、浴室も洗面所も共同でもいいかと思いますが、毎回同じ時間で被ってしまったり、お互い譲りあわないといけないような状況になってしまうと、別の方がいいかもしれません。このように考えれば考えるほど答えがわからなくなるといった悪循環に陥ってしまうことに・・・

我が家は3年前に二世帯住宅を作り、洗面所とお風呂は全て共有の間取りにしました。今回はその二世帯住宅に実際に住んでみた使い心地と反省点やこうした方が良かったなどの思ったことを書いてみたいと思います。

浴室と洗面所を共有にした理由

まず我が家が浴室、洗面所といった水回りを全て共同にした理由をお伝えしたいと思います。

何よりもお金が安く済むから

第一に経済的な理由が最も大きかったと思います。それぞれ別にする場合には、単純に倍の費用がかかることになり、また作る場所も倍の面積が必要になります。

しかも二階建ての場合には、1階だけでなく2階にも洗面やお風呂を作ることになるため、水道の配管などの配置が難しくなるという問題も出てきます。そうなると配管を別でつなげるための費用なども追加になってしまうことも。そんな経済的な理由もあり、我が家は風呂洗面は共同にすると決めました。

祖父母も一緒でもいいと思ったから

家族の誰かが「水回りは絶対別にした方がいい」という意見があれば、もっと考えたのですが、我が家では私ら夫婦も祖父母も全員が水回りは共同でいいんじゃないかという考えでした。

それぞれの洗濯物は別ですることにはなりますが、使用する洗濯機は同じものを使えばいいじゃない!というような考えの人が多く、全員一致で水回りは共有ということを決めました。

このように二世帯住宅の間取りを決める際には、家族それぞれの意見も重要になってきます。意見が食い違う場合には、全員が納得できるまでよく話し合うようにしましょう。

また素人視点では、解決ができないような間取りのことでも、プロの意見を聞くとそれぞれの希望を取り入れた間取りを提案してくれることもあります。

我が家は水回りについてはもめませんでしたが、リビング、キッチン、祖母の部屋の配置でかなり悩み、ホームメーカーの担当者に間取り作成を提案してもなかなか希望通りの間取りができなくて苦戦をしていた際、ネットで間取りの相談ができるサイトを利用したところ、目からうろこの間取りを提案されて、思わぬ解決法を見つけることができました。

もしこのような間取りで、なかなか希望通りのものが作れないと悩んでいる際には、ホームメーカーだけではなくネットで間取りの作成を依頼してみるのもおすすめの方法です。

タウンライフアフィリエイトのようなサイトなら無料で間取り作成や、相談対応をしてもらえるのでマイホームで失敗したくない方はこのようなツールを使ってみましょう。

掃除が大変だから

物が二つになれば、結局それを掃除する手間や時間も倍になります。誰かが掃除をやってくれればいいのですが、結局そのメンテナンスや掃除を行うのは嫁である自分の仕事になるだろうと思い、掃除の負担を減らすためにも水回りは最低限のものにするようにしました。

風呂共同にするデメリット

先程お風呂と洗面所を一緒にする理由を書かせてもらいましたが、反対に共同にすることによってデメリットも発生してきます。

使いたい時間がかぶると使用できない

どうしてもお風呂や洗濯といった時間は、同じような時間帯に利用することが多く、被りやすい傾向にあります。

夕ご飯を食べてお風呂に入ろうと思っても、既に誰かが入っていたということも十分あり得るため、そこでトラブルにならないように事前に使う時間帯を決めておくなどの配慮が必要と言えます。

洗濯機に物を入れておけない

私はズボラな性格なので、洗濯機にこれから洗濯予定の洗濯物を入れたまま放置してしまうことがよくあります。洗濯物がたまったら洗濯機を回そうと思っていると、他の洗濯機を使いたい人が使えないという事態に・・・

このように自分の都合で機会を占領することができないため、みんなが心地よく使えるような配慮が必要となってきます。

プライバシーが確保されない

特にお風呂場の場合には、そこで服を脱ぐ場所のため、どうしても女性やお嫁さんの立場だとストレスを感じやすくなりますよね?

旦那さんにはお風呂場を開けられてもいいかもしれませんが、義父母に入浴を見られたらかなりのストレスです。家族で共同で使うためには、それぞれ使う時間の制限を設けたり、使っていることが誰でもわかるような工夫をするなどした方がいいでしょう。

自分好みのシャンプーや柔軟剤を使えない

気にしなければガンガン好きなものを置いておけばいいのでしょうか、どうしても水回りが共同だと、それぞれ自分好みのものを置いていくとお風呂場や洗濯機まわりが洗剤やシャンプーなどの山になってしまいます。

我が家でもそれぞれに香りの好みや使い心地でお気に入りのものはあるのですが、どうしても全員分は置けないため、みんなでが使いやすいようなものを一つに決めて配置するようにしています。

どうしてもこだわりがあるような場合には、置き場所を決めておくなどの工夫が必要でしょう。

水回りを共有にするかどうかは家族でよく話し合って決めよう

ここまでお伝えしたように、お風呂場や洗面所を一緒にすることはメリット・デメリットがあります。二世帯住宅を建てる際には、みんなで話し合い、家族に合った方法を見つけていけばいいのですが、絶対に誰かが勝手に決めてしまことがないようにしましょう。

お金が掛かるからと言って、独断で共同のものにしてしまうと、後々みんなが使いづらくなってストレスを感じることもあります。事前に家族の意見を聞き、皆がみんなで話し合って設計や方針を決めていくようにしましょう。

どうしても間取りづくりで悩んだらプロへ相談してみる

二世帯住宅はかなり特殊な構造や間取りになるため、一般的なマイホームの間取りと比べてもなかなか希望を取り入れた間取りを作りにくいという特徴があります。私の場合も自分の希望と姑や旦那の希望を聞いて、全員の通りにはいかず、妥協したり、一から考え直したりとかなり苦戦をしました。

お風呂場や洗面所といった水周りはどうしても配管の関係で決められた場所にしか置けないという条件が出てくるため、なかなか思い通りの間取りが作れないこともあります。

そうした時には設計士などのプロに相談をしてみましょう。ホームメーカーの担当者でもいいですが、なかなか希望を伝えてもそれが間取りに反映されずに、もやもやしてしまうこともありますよね?

そんなときにはネットでプロの建築士に間取りを作成してもらったり、相談ができるサイトが便利です。無料で利用ができて、その作成してもらった間取りをホームメーカーに提案していくと、納得のいくマイホームづくりができます。素人にはわからないようなことでも、設計士ならではの視点でアドバイスがもらえたり、意外な間取りの作成方法で目から鱗の情報が聞けたりしますよ。

こちらのサイトなら希望を伝えるだけで、それに合った間取りを作成してくれることもできるので、間取りについて悩んでいる方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です